Environment

ゴミ処理施設や車の排気ガスを無毒化する方法の一つにプラズマの高熱を利用する方法があります。

factory1 exs3  toach21

車やプラントの排気ガスは環境や人体にいい影響を及ぼしません。

現在、プラズマの高熱を利用してごみ処理場などで実用化されています。

しかし、現在のプラズマ発生装置は大きく電力を多く消費し、値段も高価です。

そこで弊社の忍法電源の技術を使うことにより小型で消費電力の少ない、

コストの安い部品として組み込むことができます。

車や船舶など、場所と消費電力の制約がある乗り物への応用が始まっています。

melt1

 

現在、車はキャタライザー(触媒)がマフラーにつながれ

排気ガスの低減を行っていますが、将来はより厳しい

排気ガス規制に対応する方法としてプラズマの高熱を

利用することが考えられています。

ーー 参考資料と動画 --

忍法電源

半田いらずの水上溶接

水上プラズマで事務用クリップの溶融動画

製品概要

PAGETOP
Copyright © Plusware Co.,Ltd. All Rights Reserved.